愛知県北名古屋市の心療内科
もりメンタルクリニック
名鉄西春駅より徒歩1分
(中日信用金庫西春支店前)

お気軽にお問い合わせ下さい。電話番号0568-21-5568 ※当クリニックは労災指定医療機関ではありませんのでご注意ください

ブログ

2013年12月

12月 28 2013

よいお年をお迎えください。

本日で当クリニックの年内の診療は終了です。
今年一年、大変にお世話になりました。
来年は1月4日(土)からの診療となります。
よろしくお願いいたします。
今年は官公庁をはじめとして土日がお休みの方は昨日が仕事納めとなり9連休ですね。
ゆっくりと日頃の疲れを癒していただければと思います。
官公庁が12月28日を仕事納めとし、29日から1月3日までを休暇とすることは法律で定められているそうです。
1873(明治6)年からだそうですが、法律で決められてるなんてちょっとびっくりしました。
でもよく考えたら、官公庁は法律に基づいて全てが動いているので当然なんですけれどもね。
***
今年の2月に当クリニックのHPをリニューアルして10カ月ほど。
同時期から始めたこのブログ。思うように更新ができず反省しきりですが、お読みいただいてありがとうございました。
北名古屋市の見どころなど、まだご紹介したいところもありますので、来年もよろしくお願いいたします<(_ _)>
”できるだけ”頑張ります。
最後に、タイミングを逃して記事にできなかったものを載せさせていただいて今年の締め(?)とさせていただきます。
皆さま、よいお年をお迎えくださいませ。
***
<曽爾(そに)高原のススキ野原>
曽爾高原は奈良県と三重県の県境にある国立公園です。
標高約900mにある高原で、秋には一面ススキで覆われます。

亀山峠から見下ろしたお亀池

亀山峠から見下ろしたお亀池

高原中央の色の少し濃いひょうたん型のところは”お亀池”と呼ばれる池です。
この池は一節では火山の火口とも言われており、夏は湿地植物の宝庫となっているそうです。

どこまでも続くススキ野原

どこまでも続くススキ野原

もう少し秋が深くなると周りの山が紅葉します

もう少し秋が深くなると周りの山が紅葉します

秋の空の下雄大な景色です。

秋の空の下雄大な景色です。

写真は午後3時くらいのものですが、ここの景色が一番美しいのは、夕方、日が沈む前の20分くらいの一時とのことで、パソコンで曽爾高原で画像検索をしていただくと他の方々が撮られた素敵な写真をたくさん見ることができますよ。
駐車場から高原→亀山峠まではごく軽いハイキングコースです。

こんな感じにハイキングコースが山の尾根まで続いています。

こんな感じにハイキングコースが山の尾根まで続いています。

ただ、車で針インターから現地までの道中が少々細い道だったように思うので心構えをしていただいて(今は違うかも)10月から11月辺りでのお出かけの参考にしていただけたらと思います。

12月 26 2013

年内は12月28日が最終です

クリスマスも終わり、今年もあと残すところ5日余りとなりました。
当クリニックは、12月28日(土)が年内最終の診察日となります。
新年は1月4日(土)から始まります。
時間は両日とも、いつものとおり午前9:00~12:00と午後14:00~17:00です。
お間違えのないようよろしくお願いいたします。

さて、今朝のニュースでノロウイルスの流行が本格化してきた、と言っていました。
ノロウイルスは感染すると下痢や嘔吐などの急性の胃腸炎を引き起こします。
経口感染(口から体内に入り感染する)がほとんどですので、外から帰ってきた時、食事の前やトイレの後などに流水・石けん(液体石けんが推奨されます)による手洗いをしっかりと行いましょう。

12月 17 2013

インフルエンザ予防接種予約終了しました

<お知らせ>
当クリニックでは、ワクチン予定本数終了のため、
インフルエンザ予防接種の予約を締め切りました。
ワクチン入荷の予定もありませんので、よろしくお願いいたします。
ひとつ余談ですが・・・。
今日は「飛行機の日」だそうですよ。
由来は、1903年の今日、ライト兄弟が動力飛行機の初飛行に成功したことから。
まだたった100年前なのに。
今では旅客機が世界中の大空を飛び、宇宙へロケットやスペースシャトルを打ち上げるまでになっています。
科学の進歩ってすごい。人間の能力ってすごい!と思いました。

12月 16 2013

年末年始の診療について

今年もあと半月となりました。
大掃除もしなくちゃならないし、年賀状の用意もしなくちゃいけないし、と気は焦るものの寒くて動きたくない・・・そんな今日この頃。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。
さて、当クリニックの年末年始の診療予定についてお知らせします。
・12月26日(木):通常通り診察あり(9:00~12:00及び16:00~19:00)
    27日(金): 休診
    28日(土):通常通り診察あり(9:00~12:00及び14:00~17:00)
    29日(日): 休診
    30日(月): 休診
    31日(火): 休診
  1月 1日(水): 休診
     2日(木): 休診
     3日(金): 休診
     4日(土):通常通り診察あり(9:00~12:00及び14:00~17:00)
     5日(日): 休診
     6日(月):通常通り診察あり(9:00~12:00及び14:00~17:00)
      ↓
  以降通常通りの診察です。よろしくお願いいたします。

12月 12 2013

173.0m(イナザワ)のSOLAÉ(ソラエ)

SOLAÉ(ソラエ)とは三菱電機株式会社稲沢製作所(以下、稲沢製作所)にあるエレベーターの光速技術を開発するための試験塔で、ここ西春からでもよく見えます。
高さは173.0m。イナザワのごろ合わせになっています。これは42階建てのビルに相当し、『空へ向かってそびえる姿と限りない品質追求の思いを込め』てこの名前がつけられたのだそうです。
先月の27日、ある方のご厚意でSOLAÉ(ソラエ)の見学をさせていただけることになり、当クリニック院長以下総勢10名が行ってきました。
稲沢製作所は色々な製品を生産していますが、エレベーターとエスカレーターの専門工場でもあります。
まずはSOLAÉ(ソラエ)に隣接するショールームで工場の概要、エレベーターなどの仕組みや歴史を説明していただき、体感させていただきました。

エレベーター1号機の階数パネル。左はじゃばら風の扉。

エレベーター1号機の階数パネル。左はじゃばら風の扉。

揺れを最小限に抑える装置を体感させていただきました。

揺れを最小限に抑える装置を体感させていただきました。

世界のエレベーターパネル(ボタン)のデザインなど

世界のエレベーターパネル(ボタン)のデザインなど

エスカレーターの仕組みが分かるようにスケルトンになっています。

エスカレーターの仕組みが分かるようにスケルトンになっています。

スリムに高性能に改良を重ねたエレベーターは乗り心地抜群で、技術者の方々の努力が偲ばれました。
最新のものは、音声認識(タッチレス)で行きたい階を指示できたりします。
両手に荷物を持っている時などに便利だなーと思いました。すごく上手に沢山の荷物を持ってしまって下に置いたら二度と同じようには持てない、という時・・・ありますよね?
また、珍しいスパイラルエスカレーター(螺旋階段風になっています)にも試乗させていただきました(これは別の棟の展示でした)が、ゆるやかなカーブを描きつつ動くのはちょっと不思議な感覚でした。

珍しいスパイラルエスカレーター

珍しいスパイラルエスカレーター

強いて言えば“動く歩道”に初めて乗った時の落ち着かないけど面白い感じ、に似ていたように思います(余計わかりにくいですね、すみません)。
さて、そんなこんなを経て、いよいよSOLAÉ(ソラエ)に試乗です。
極限まで振動が抑えられるように開発されたそれは、立てた10円硬貨を倒さずに最上階まで運ぶことができるほどとのことで、実際にやってみせていただいたのですが、間違いありませんでした。
到着階は展望室になっていて、鈴鹿山脈や東山公園のタワーなど遠くまで見渡せました。若干ガスが掛っていて職員さんの話では1月・2月の方がもっと空気が澄んでいてよく見える日が多いとのこと。でも充分よく見えました。

展望室からの眺め。視界を遮るものは何もありません

展望室からの眺め。視界を遮るものは何もありません

遠くに霞むのは・・・

遠くに霞むのは・・・

展望室より3

見学の最後にはお土産もいただき、充実した時間を過ごさせていただきました。
この場を借りて、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。

SOLAÉ(ソラエ)を象った箱に入った飴ちゃん。

SOLAÉ(ソラエ)を象った箱に入った飴ちゃん。

ケースから出したところ。これは全長21.2cm

ケースから出したところ。これは全長21.2cm

更にふた(?)を取ったところ。左の塔の中に飴ちゃんが10個入っていて、窓から取り出せるようになっています。

更にふた(?)を取ったところ。左の塔の中に飴ちゃんが10個入っていて、窓から取り出せるようになっています。

11月25日の中日新聞に『稲沢製作所では2014年末に完成予定の中国・上海市の超高層ビル向けに受注した世界最高速エレベーターの製作を進めている』ところだと載っていました。地上632mのビルでエレベーターは『地下2階から地上119階を分速1080m(55秒)』で動く(←っていうか駆け抜ける?)そうです。一般的なエレベーターの速さの10倍とのこと。
そして尚且つ10円玉は倒れない、と。
すごい!としか言いようがありません。
現在の世界最速記録は他社の「分速1010m」なのだそうですが、来年末には再び世界最速を奪還する予定なのだそうです。
是非、乗ってみたいと思いますが、上海じゃちょっと難しいですねぇ。

世界のこんなすごいところにエレベーターを納入しています。

世界のこんなすごいところにエレベーターを納入しています。