愛知県北名古屋市の心療内科
もりメンタルクリニック
名鉄西春駅より徒歩1分
(中日信用金庫西春支店前)

お気軽にお問い合わせ下さい。電話番号0568-21-5568 ※当クリニックは労災指定医療機関ではありませんのでご注意ください

ブログ

2013年9月

9月 25 2013

北名古屋市見どころ探訪(からくり人形編1)

こんにちは。
お彼岸も過ぎて秋の気配が色濃くなってきました。
日中はまだ暑いですが、外出も少しずつ苦ではなくなってきている今日この頃。
西春駅前の彫刻に引き続き、機会があれば足を延ばしていただきたい北名古屋市の見どころをご紹介したいと思います。
まず最初は北名古屋市文化勤労会館です。
法成寺地区にあり名鉄犬山線徳重・名古屋芸大駅から徒歩20分強。少し遠いかもしれませんがこの近辺にも色々な彫刻がありますので、それらを見がてらのんびりと歩いていただくのも良いかもしれません。

側面から見たところ。

側面から見たところ。


ここで是非見ていただきたいのがからくり人形です。
優雅で素敵な作品なので一見の価値あり!ですよ。
文化勤労会館のエントランスホールに足を踏み入れると正面の壁に時計、それを囲むようなケヤキの装飾と7つの箱を目にすることができます。
ケヤキの装飾は雅楽の楽器「笙」をイメージしているのだそうです。
そして箱(逗子)の中には天女と6人の童子が入っていて、1日2回(正午と午後3時半)に雅な音楽と共に宙を舞う仕掛けです(「舞う」は少々言い過ぎで本当は「移動する」という感じです)。
ALLコンピューター制御というなかなかの代物なのです。
作品名は『天空の春』。
中央の大きな厨子から登場する天女は「光明」と名前がついており、その両側には琵琶や笛などの楽器を持った可愛い童子が従っています(この子たちにもそれぞれ名前が付いています)。
これだけでも”何かが起こりそう”ってワクワクしますよね!

これだけでも”何かが起こりそう”ってワクワクしますよね!

順番に厨子の扉が開き全員が顔見世したら、いよいよです。

順番に厨子の扉が開き全員が顔見世したら、いよいよです。


写真が沢山ありますので、今日のところは雰囲気を見ていただくだけにして、後は「次号、乞うご期待!」ということで。
(なんかハードルを高くしちゃったような・・・)よろしくお願いします!

9月 21 2013

ハイビスカスの花 その2

中秋の名月も過ぎ、朝晩はすっかり涼しくなって秋めいてきました。
西春商店街YOU・遊・ロードにも赤とんぼが飛んでいます。
先週の連休は台風で大変でしたが、このお彼岸は良いお天気に恵まれそうでよかったです。
さて、当クリニックの玄関前ではまだハイビスカスがきれいに花を咲かせています。
先日、もう終わりかな、と書いたのですが、その後、また立派な花を付けたので写真をUPしたいと思います。
あと、サンセベリアの花はもう終わってしまいました。
次は・・・とはっきり言えないのが残念です。
来年かもしれないし、5年後かもしれないし、もうないかもしれません。
またこのブログでご報告できればいいなーと思っています。

立派な花が咲きました。

立派な花が咲きました。

太陽の日差しをいっぱいに浴びています。

太陽の日差しをいっぱいに浴びています。

9月 14 2013

サンセベリアの花 その2

こんにちは。
今日ご紹介するのは、サンセベリアの花・第2弾です。
今週半ばくらいまで毎晩のように目を楽しませてくれていましたが、もうそろそろ終わりのようです。
今朝は萎れた花がぽろぽろと散らばっていました。
先週末の一番きれいな時の写真です。
少しでも皆さんの癒しになれば、と思います。

二本ともきれいな花を咲かせています。

二本ともきれいな花を咲かせています。

接写しました。

接写しました。

次は何年後でしょうか。そもそも二度目はあるのでしょうか?

次は何年後でしょうか。そもそも二度目はあるのでしょうか?

9月 11 2013

天空の村

前回の宮崎駿監督の話から思い出したのですが、少し前に「天空の村」と言われる静岡県葵区大間の集落に行ってきたのでご紹介したいと思います。
標高800mの山間の小さな集落(全部で7世帯)で、「縁側お茶カフェ」という村(集落?)起こしのプロジェクトを行っています(「るるぶ」だったか「まっぷる」だったかにも紹介されています)。
“毎月2回、集落の7戸全てが縁側を解放し、緑茶と手作りのお茶うけでお客さんをもてなす”という楽しそうな、なんだかほっこりできそうな企画なのですが、私が行ったのは金曜日だったので残念ながら開催していませんでした。
縁側だけではなく、ツリーハウスでお菓子(手づくりマドレーヌとか)とコーヒーをいただくことができるようです。

ツリーハウスからの景色

ツリーハウスからの景色

大きいツリーハウスの隣の小さいツリーハウス

大きいツリーハウスの隣の小さいツリーハウス

 そして帰り道で見つけたレストラン兼ロッジ(天空の村から少し山を下ったところにありました)で、いただいた天ぷらそばが絶品でした!
蕎麦は手打ちで(近所に退職後趣味が高じて蕎麦を打っている人がいるらしいです)、てんぷらは摘みたての山菜が直径30cm強の大きなお皿にこんもりと盛られて一人前900円。ただ天ぷらはひとりでは食べきれない量なのでふたりで分け合うのが普通なんだそうです。

摘みたての山菜と穫れたての野菜のてんぷらはサクサクの衣で美味しかったです

摘みたての山菜と穫れたての野菜のてんぷらはサクサクの衣で美味しかったです

名古屋に近いところでは他にも「天空の里」と呼ばれる長野県飯田市上村下栗地区があります。こちらも絶景らしいです。
これからの季節は紅葉狩りなども楽しみながら、いつもと違う時の流れの中でのんびりとするのもよいのではないでしょうか。

9月 09 2013

最近の話題から

 皆さんこんにちは。 
 今一番の話題と言えば、東京オリンピック開催決定ですね!
 レスリングも無事競技に加えられることになりましたし、7年後が楽しみです。
 国立競技場が格好良く生まれ変わったり、様々な施設が整備されて東京もまだまだ変わっていきますね。
 さて、最近の話題と言えばもうひとつ、大きなニュースがありました。
 宮崎駿監督の引退です。
 表舞台からの引退で、これからも色々と見えないところでご活躍をされるのでしょうが、残念です。
 現在72歳で「風立ちぬ」が公開中。次回作を製作するならば完成は7~8年後になり、それはきっと無理だろうからこの辺で引退をするとのことでした。
 確かに80歳近くなりますから、この決断は自らを客観的に見ることができているからこそなのでしょう。
 私は最近の作品はあまり観ていなくて「ハウルの動く城」までくらいなのですが、宮崎駿監督作品は一番最初の「ルパン三世カリオストロの城」からずっと劇場に足を運んでいました。ルパンの服の色がTV版と違っていたり、監督の作画そのままでちょっと可愛い感じのルパンになっていたりしていて、初めは違和感があったのですが、そのストーリーには思い切り魅了されたことを覚えています。
 そしてちょうどその頃、TV版のルパン三世の第2シリーズでも宮崎駿監督の製作した回があるのですがこれも名作です。
 145話「死の翼アルバトロス」と155話(最終回)「さらば愛しきルパンよ」で、明らかにそれまでのTVシリーズとは絵が違いますのですぐわかると思います。そしてこの145話のヒロインがナウシカのような可愛いけれど芯の強い女の子だったり、後にナウシカやラピュタに出てくる巨神兵や「ラムダ」を彷彿とさせるロボット兵が登場したりして宮崎駿ワールド満載の回なのです。
 興味がある方は是非、ご覧になってください。
 もうずいぶん昔のことになりますが、東京武蔵野にある「三鷹の森ジブリ美術館」に行った時の写真です。

受付にトトロが!(本当の入口は別)

入口ではトトロが受け付けてくれます(本当の入口は別)

プランターのオブジェ「ハウルの動く城」

プランターのオブジェ「ハウルの動く城」

屋上のロボット兵(精巧です)

屋上のロボット兵(肩に生える草まで精巧です)

背中に哀愁が・・・周りのススキなどがラピュタの忘れられた楽園といった風情です

背中に哀愁が・・・周りのススキなどがラピュタの忘れられた楽園といった風情です

外観

外観


 
 他にもショップやカフェ、ミニフィルムシアターなどが楽しめます。
 チケットが日時指定の予約制なので少々面倒・・・ですが、きっと今回の引退を受けて更に賑わうのでしょうね。

9月 04 2013

サンセベリア開花!

皆さんこんにちは。
先日ブログにて「蕾をつけました」とご紹介した当クリニック待合いのサンセベリアが開花しましたのでご報告します!
2本ある茎のうち1本に最初の花が咲いたのが9月2日の月曜日。
夕方の5時頃に花開いたのではないかと思われます。
一気に全部咲くのかと思いきや、この日は下から3段目(?)くらいまででした。
良く見てみると下の方が蕾が大きいので順番に咲くのでしょう。
翌朝にはへにゃんとなっていましたので、やはり夜の間が見ごろのようです。
写真は昨日9月3日夜のものです。
前日よりもたくさん咲きました。

可愛らしい花がたくさん咲きました

可愛らしい花がたくさん咲きました

葉の間から茎が伸びています

葉の間から茎が伸びています

花のひとつひとつは華やかですが、小さいのでとても可愛らしく見えます。

接写してみました。

接写してみました。

嬉しくてたくさん撮っちゃいました

嬉しくてたくさん撮っちゃいました

まだまだ蕾もたくさんあります

まだまだ蕾もたくさんあります

茎と蕾の間に透明な雫がついているのがおわかりでしょうか。
これは蜜です。
美味しそうに滴っているので、こっそり味見をしてみたら、ほんのり甘い・・・ような気がしました。
蕾はまだたくさんついていますし、2本目の茎も伸びていますので暫く楽しめそうです。
火・水・木曜日は当クリニックも夜7時まで診療していますので、この花のきれいな瞬間が堪能できますよ。

9月 02 2013

ハイビスカスの花

こんにちは。
先日このブログでサンセベリアの花のことをお話しました。
花はまだ咲いていません。
蕾は少しずつ膨らんできていますので、もう少しだと思いますが、それまでに折れたり枯れたりしないかとドキドキしながら観察する毎日です。
さて、その時に「当クリニック入口横にハイビスカスもありますよ」とお伝えしましたが、今日、この雨の中できれいに咲いていたので写真を載せたいと思います。

DSCF5704

当クリニックはピンクのロゴと花のマークが目印ですv

当クリニックはピンクのロゴと花のマークが目印ですv

まだ蕾が出てきているのでもうしばらく楽しむことができそうです。

せっかくなので、またちょっとハイビスカスについてggってみました。
『日本にはまず琉球(りゅうきゅう)に伝わり、1614年(慶長19)薩摩(さつま)藩主島津家久が徳川家康に献上した。』とのこと。
ハワイの州花、マレーシアの国花、沖縄市の市花に指定されているとおり南国の象徴のような花ですが、歴史は意外と古いのですね。