愛知県北名古屋市の心療内科
もりメンタルクリニック
名鉄西春駅より徒歩1分
(中日信用金庫西春支店前)

お気軽にお問い合わせ下さい。電話番号0568-21-5568

特集1 精神の疾患について

神経症

社会不安障害(SAD)

私達は誰でも、かしこまった場所で話をしたり好意を持つ異性に会った時に、赤面したり心臓がドキドキすることはあるものです。しかし、その状況を恐れるあまり、それを避けようと学校、会社、結婚式、葬式、デート、レストラン等に行き辛くなり“日常生活に支障が生じる”ようになるとこれは病的な状態です。これは単なる「内気」や「恥ずかしがりや」という性格の問題ではなく、治療が必要な疾患といえます。

社会不安障害(SAD)の人は「人前で発表をする・字を書く・電話する」「初対面の人と会う」「大勢の人と会食する」等の場面で「恥ずかしい思いをする」ことに対して過剰な心配をするために恐怖心が非常に強くなり、主に次の症状が出現します。

主な症状
  • 顔が赤くなる、青くなる
  • 頭が真っ白になる、眩暈がする
  • 汗が出る
  • 手足が震える、動悸がする
  • 声がふるえる、声が出ない、食事が詰まる、口が渇く、息苦しい
  • 尿が出ない、尿が近い、吐き気がする、胃腸の不快感が生じる

また、予期不安(上記のような症状がまた出るのではないかという不安)という症状もあり「仕事や学校に行けない」「会議に出席できない」「人前に出られない」等、社会生活に大きな影響を及ぼします。

15~25歳頃までに発症し、病気とは思わずに我慢して生活を続けることがよくあります。そして、知らないうちに「人前で恥ずかしい思いをする可能性のある場面」を除いた生活を作り上げていき、生活に支障をきたす点が問題です。

詳しい原因などはまだ解明されていませんが、大脳の中心部分にある扁桃体という部分が、不安や恐怖と密接に絡んでいて、この部分がスイッチになり、恐怖症状が現れるのではないかと考えられています。

パニック障害(PD)

パニック障害は「パニック発作」と「予期不安」という症状があり、100人に1~3人が発症するといわれています。
「突然、激しい不安に襲われ、息切れ、眩暈、吐き気、動悸がする、手足や体が震える」状態をパニック発作といい、このような発作が繰り返し起こります。激しい動悸や息苦しさから心臓の疾患(不整脈、狭心症)ではないかと検査を行っても異常がみつからない、という場合はパニック障害を疑ってください。

このような発作が度々起きると、また発作が出るのではないかと不安になり(予期不安)、外出が怖くて家に閉じこもってしまうことも少なくありません。

パニック発作の症状は次の通りです。

主な症状
  • 動悸、心拍数の増加
  • 発汗
  • 身ぶるい、手足のふるえ
  • 息切れ、息苦しさ
  • 窒息感
  • 胸痛、胸部不快感
  • 吐き気、眩暈、ふらつき
  • 気が遠くなる感じ
  • 現実でない感じ、離人状態(意思や記憶、判断力、理解力等に問題はないが、自分が考え、感じ、行動しているという実感がない)
  • コントロールを失うことへの恐怖
  • 死ぬことへの恐怖
  • 異常感覚
  • 冷感又は熱感
  • 口渇(口の中が非常に乾く) ※世界保健機構(WHO)の国際疾病分類

パニック発作と診断するためにはこれらの症状のうち4つ以上が認められることが必要です。日本人には8割の人に動悸、頻脈、呼吸困難が出ると言われています。

パニック障害は気のせいでもなく、気の持ちようで治まるものでもありません。周囲の人もそれを理解し、患者さん本人が安心して適切な治療を受けることができる環境を整えることが大切です。

治療

脳内の神経伝達物質を調節する抗うつ薬が使われます。新しいタイプの抗うつ薬としてSSRIという薬がでてきました。副作用が少ないので、よく使用されます。また、抗不安薬という薬も時に用いられます。薬の効果は2~4週間でゆっくりと現れます。根気よく薬を続けることが必要です。

強迫性障害(OCD)

私たちは、家の鍵や火の元栓などをきちんと閉めたかどうか不安になり再度確認をすることはよくあります。

このような行動が頻繁になり、やめたい、意味がないとわかっていながら確認せずにはおれず、会社や学校に遅刻するなど社会生活や日常生活に支障をきたすようになったら、それは治療が必要な病気です。

原因はまだよくわかっていませんが、脳の中の神経間で情報伝達がうまくいかなくなることが原因の一つと言われています。

症状は次の通りです。

主な症状
強迫観念
ある特定の考えやイメージが強迫的に、何度も繰り返して頭に浮かんできて、強い不安・恐怖・不快感を引き起こします。
(例)自分の不注意で他人を傷つけたのではないかと強く恐れて、何度もその場に戻って確認する。正しい順序や左右対称など一定のルールを完全に守らなければならないという考えに駆られるなど。
強迫行為
強迫観念から生まれる不安や不快感を打ち消すための行為で、自分の意思に反してやっている場合が多く、強迫儀式とも呼ばれます。
(例)周囲の物がばい菌に汚染されているという観念を打ち消すために1時間以上も手洗いをしたり、帰宅時に風呂場に直行して入浴したりする。火事を恐れて火の元を何度も確認せずにはいられないなど。

治療

薬物療法と行動療法があり、薬物療法では主に脳内のセロトニン(神経伝達物質)の働きを高める薬剤を使用します。SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は副作用も少ないと言われています。